FC2ブログ
東方関係の二次創作の絵置き場です。大抵の絵から百合臭がしますので、苦手な方は速効逃げてください。ほのぼの・ギャグ系多めです。ピクシブの方がメインだったりもします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


そそわジェネリック投稿済


タグ↓

こがぬえ 小傘 ぬえ 百合 カプが広まればいいのに



続きは収納

「ぬえはわちきの事、どう思う?」







その一言に横に居る小傘の方を向くと、微妙に頬を染めてうつむいている。
なんでいつもこんなに照れるのだろう。
こればっかりはきっと何度やってもなおらないんだろうなぁ。




そう、これはいつもの決まり切ったやり取り。




いつも通りの質問をされたから、いつも通りの答えを返す。




「私はぬえ。妖怪の、鵺。その身上は正体不明。私が何を思って、どう行動するか、ぜーんぶ正体不明。だから私が小傘をどう思ってるかも、正体不明」





正体不明。





これが私の特徴であり、性格であり、能力だ。
それは誰に対しても一緒。
誰かを特別扱いなんかしない。
もちろん、小傘にも。


でも、決まった答えを返すと小傘はいつも不満そうな顔をする。
人間を驚かすには向かない可愛らしい顔で、私に対しての抗議のつもりなのか、頬を精一杯膨らませている。
白い頬がぷっくりと膨らんでる様子は、まるでお餅のようだ。




これも、いつも通り。




小傘だって、きっと表情に出ているほど不満に思ってない。
だってこれは結果に至る過程の一つなんだから。




「ずるいよ、わちきには無理矢理、す、す、好きだって言わせるくせに」




『好き』って所でどもるのはご愛敬。
にやにやしながら私は答える。




「小傘は私の事が好き。でも私の全部は正体不明。残念だったわね」




俯いていた小傘の目線がゆっくりとあがり、私の目をみる。



あ、頬が赤い、赤い。

あ、目が期待と恥ずかしさでちょっとうるんでる。

あ、口元が少し緩んでいる。




一瞬のうちにそれだけ見て取った私へ、言葉が投げられる。




きっと、これもいつも通り。





「じゃあ、わちきはどうやって、ぬえの思いを確認すればいいのさ」





やっぱり。




あまりにもいつも通りで、おかしくて、嬉しくて、つい微かに笑ってしまう。
小傘が気づかないほど、微かに、そっと。





いつも通り。
なんて楽しいんだろう。



決まり切った、やりとりのはずなのにね。





ねぇ、小傘、私ね―――――











「それはね」












小傘の事、大好きだよ。







ふれあいは優しく。

想いを唇から、唇へ。

言葉では伝えきれない想いを唇から、唇へ。







触れ合わせた唇をそっと離し、最後の台詞を声にする。






「行動から、判断するのよ」






そっかぁといって、嬉しそうにほほ笑む小傘。
そうなのよといって、軽くうなずく私。



そして同時に笑いだす。



二人して夕焼けみたいな顔色なのは、やっぱりご愛敬。














そう、これはいつもの決まり切ったやり取り。







恥ずかしがり屋のあなたから、素直じゃない私への、決まり切ったおねだり。














以下後書き

   
      
キスのねだり方はカップルによって違うんだよ!というお話です。なんだそれ。


こがぬえって意外といけるよね、というコンセプトの元超短時間で書き上げた一品。うーむ、短い。
こがぬえ流行ればいいのに…!誰かが流行らしてくれればいいのにっ!(他力本願)

そして、こがぬえが俺の新境地!!

スポンサーサイト


追記を閉じる▲

「ぬえはわちきの事、どう思う?」







その一言に横に居る小傘の方を向くと、微妙に頬を染めてうつむいている。
なんでいつもこんなに照れるのだろう。
こればっかりはきっと何度やってもなおらないんだろうなぁ。




そう、これはいつもの決まり切ったやり取り。




いつも通りの質問をされたから、いつも通りの答えを返す。




「私はぬえ。妖怪の、鵺。その身上は正体不明。私が何を思って、どう行動するか、ぜーんぶ正体不明。だから私が小傘をどう思ってるかも、正体不明」





正体不明。





これが私の特徴であり、性格であり、能力だ。
それは誰に対しても一緒。
誰かを特別扱いなんかしない。
もちろん、小傘にも。


でも、決まった答えを返すと小傘はいつも不満そうな顔をする。
人間を驚かすには向かない可愛らしい顔で、私に対しての抗議のつもりなのか、頬を精一杯膨らませている。
白い頬がぷっくりと膨らんでる様子は、まるでお餅のようだ。




これも、いつも通り。




小傘だって、きっと表情に出ているほど不満に思ってない。
だってこれは結果に至る過程の一つなんだから。




「ずるいよ、わちきには無理矢理、す、す、好きだって言わせるくせに」




『好き』って所でどもるのはご愛敬。
にやにやしながら私は答える。




「小傘は私の事が好き。でも私の全部は正体不明。残念だったわね」




俯いていた小傘の目線がゆっくりとあがり、私の目をみる。



あ、頬が赤い、赤い。

あ、目が期待と恥ずかしさでちょっとうるんでる。

あ、口元が少し緩んでいる。




一瞬のうちにそれだけ見て取った私へ、言葉が投げられる。




きっと、これもいつも通り。





「じゃあ、わちきはどうやって、ぬえの思いを確認すればいいのさ」





やっぱり。




あまりにもいつも通りで、おかしくて、嬉しくて、つい微かに笑ってしまう。
小傘が気づかないほど、微かに、そっと。





いつも通り。
なんて楽しいんだろう。



決まり切った、やりとりのはずなのにね。





ねぇ、小傘、私ね―――――











「それはね」












小傘の事、大好きだよ。







ふれあいは優しく。

想いを唇から、唇へ。

言葉では伝えきれない想いを唇から、唇へ。







触れ合わせた唇をそっと離し、最後の台詞を声にする。






「行動から、判断するのよ」






そっかぁといって、嬉しそうにほほ笑む小傘。
そうなのよといって、軽くうなずく私。



そして同時に笑いだす。



二人して夕焼けみたいな顔色なのは、やっぱりご愛敬。














そう、これはいつもの決まり切ったやり取り。







恥ずかしがり屋のあなたから、素直じゃない私への、決まり切ったおねだり。














以下後書き

   
      
キスのねだり方はカップルによって違うんだよ!というお話です。なんだそれ。


こがぬえって意外といけるよね、というコンセプトの元超短時間で書き上げた一品。うーむ、短い。
こがぬえ流行ればいいのに…!誰かが流行らしてくれればいいのにっ!(他力本願)

そして、こがぬえが俺の新境地!!

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:東方Project - ジャンル:ゲーム

【2010/04/29 19:51】 | SS
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。